流通経済大学のサッカー部で充実したキャンパスライフ!

流通経済大学サッカー部

サッカー部が盛んな流通経済大学、出身者が多数Jリーグでも活躍をしています。実績はもちろん、輩出しているのもプロのサッカー選手なので、本当にサッカーが盛んだというのもわかりますね。ずっと子供の頃からサッカーを続けていたというのであれば、大学でもぜひ続けてください。継続できることがあるというのは、将来就職をするときにも、ポイントアップにつながりますよ。

今までの実績

関東大学サッカーリーグでは、2013年は5位の成績を収めました。

2010年から2012年までは9位、8位、8位と続いていたが、少し順位を上げた成績となりました。

それ以前、2008年と2009年には優勝をするなど、サッカー強豪校として多くの大学から認められています。

出身の選手

出身者でJリーグの選手として活躍している人はとても多くなっています。中でも数名、ご紹介します。

2012年度卒業
  • 内山俊彦(福島ユナイテッドFC)
  • 河本明人(ヴァンフォーレ甲府)
2011年度卒業
  • 山村和也(鹿島アントラーズ)
  • 比嘉祐介(京都サンガF.C)
2010年度卒業
  • 武藤雄樹(ベガルタ仙台)
  • 白井裕人(松本山雅FC)
2009年度卒業
  • 宇賀神友弥(浦和レッドダイヤモンズ)
  • 金久保順(川崎フロンターレ)

まだまだ他にもたくさんの出身者がいます。Jリーグのチームひとつに1人は流通経済大学出身者がいるというぐらいになっていますので、その強さは本物でしょう。プロに入団しても変わらず活躍できるのは、大学時代の基礎があってこそではないでしょうか。

指導をする監督を紹介

総監督:中野雄二
水戸ホーリーホックの初代監督を務めていた経歴の持ち主です。元々サッカーの強豪校ではなかったのですが、監督が指導あたることでどんどんと強さを増していき、現在はJリーガーを多数輩出するまでにも成長しています。

サッカー部に限らず、ラグビー部なども強豪チームとされている、流通経済大学。クラブ活動にも重点を置いています。サッカーは特に、社会人のチームなどもありますので、複数のチームでサッカー部を作り上げている形です。出身のJリーガーも多いことから、Jリーガーを輩出する名門としても名前が知られている大学です。 公式戦に対応できる充実したグラウンドが茨城の龍ヶ崎キャンパス内に設置されており、夜間照明も完備。また、フットボールフィールドと呼ばれる、クラブハウスつきのフィールドもあり、移動の専用バスなども用意されています。強豪校だけあって設備は整えられていますよ。サッカーを本気でやるなら、オススメです。