どんな大学だろう!?東京経済大学の特徴・評判・学校情報

東京経済大学キャンパス

東京経済大学は、創立者は大倉喜八郎という実業家です。今で言う、かなりの出来る男で、数多くの企業を作り上げています。しかし、大学では彼が創立したものは、ここひとつだけ。歴史の深い大学ですし、創立者の実業家としての偉業を考えれば、経済に関して特化している大学ということがわかるでしょう。大学の評判などもページでチェックしてくださいね。

東京経済大学の特徴

少人数クラスで学べる
多くの生徒がいる中では、なかなか学びも進まないという声も聞きます。少人数であればあるほど、一人ずつが学ばないといけないという使命感も生まれるのではないでしょうか。東京経済大学では少人数クラスを導入していますので、すぐに大学の授業にも馴染めますし、勉強もより一層はかどります。少人数制で行う大学は評判もいいですよ。
4大学と連携して幅広い知識をつけられる
大学が位置するのは、国分寺です。多摩地区には大学も多く、国際基督教大学、津田塾大学、国立音楽大学、武蔵野美術大学の4大学と単位互換制度を取り入れていますので、東京経済大学だけでは受けられない授業まで受けることができます。幅広い知識をつけることが、社会で活躍するためには必要なのです。
東京経済大学キャリアサポート講座
社会に出てすぐにでも活躍できる人材になるよう、在学中からキャリアサポートを充実させています。自分では資格取得の勉強がなかなかはかどらない人には嬉しい講座ではないでしょうか。在校生からの評判もとてもいいようです。資格取得に向けての講座を開いているので、資格の勉強もサポート体制は万全です。

東京経済大学の就職状況

1・2年向け、3・4年向けなどといった、学年別にもキャリア支援が分かれているため、その学年で必要となるキャリア支援を受けることができます。就職に向けた指導にも力を注いでいるので、評判もいいのでしょう。特徴としてはどんな職種にも幅広く就いており、卸売業や小売業、サービス業、製造業を中心として、公務員や広告制作・放送などの分野まで広がっています。具体的なところをあげると、日本電気やナノ・ユニバース、警察庁など、様々な職種に卒業生が広がっています。このように色々な企業で活躍する卒業生が増えれば、自然と東京経済大学の評価も上がるものです。

東京経済大学の就職状況を詳しく見る

東京経済大学受験生や在校生からの評判

※実際の学校内容や満足度は口コミよりもさらに良い可能性があります。あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

  • 見た目はかなり小さなキャンパスで、ここで本当に大丈夫?って親にも言われました(笑)でも、自分にはこれぐらいが合ってるみたいで、授業も少人数制だからわかりやすくて、勉強しに大学来てます!って感じかな。

  • 教員との距離が近くて、ちょっとわからないところぐらいでも質問できるから、結構気に入ってる!いちいち自分から質問しなくても、先生のほうから大丈夫?って声かけてくれるし。引っ込み思案な自分としては、質問しやすいのがメリットだと思う♪

  • キャリアサポート講座っていうのがあって、大学の先輩にいい感じだから受けてみたら、って言われて受けてみた。資格の勉強って孤独になりがちだなぁ~って思ってたけど、同じ資格を目指してる仲間にであえて、勉強もやる気が出てきた!無事に合格できたのは、講座のおかげかな♪学内でもすごい評判いいよ。

  • 入学すると、なぜか一人ずつにEメールアドレスが発行・・・。学校側がそれだけ一人ずつに対してサポートしてくれるって証拠だよね。パソコンの自習室もあるんだけど、いつでも使えるようになってるし、いまどきパソコンが苦手だった私でも、使いこなせるようになったよ~。

  • 大学入ってやりたかったことといえば留学!この経済大学では、留学制度も評判いいみたいだったから、思い切って入学を決意!友達の大学では留学するなら休学することになるらしいんだけど、東京経済大学は休学しなくてもいいんだって~。おかげでみんなと同じように4年で卒業できたしよかったかな。1年社会に出るのが遅れるって結構不安もあるだろうし、この制度はオススメ。

  • 教育センターっていう学部共通のものがある。学部ごとでの勉強はやっぱり専門的なところが多くなっちゃうよね。まぁそれが大学なのかもしれないけど・・・でも基礎知識も必要!ってことで、この教育センターが結構役立ってるんじゃないかな?勉強って楽しいと思ったことなかったんだけど、ここなら楽しく勉強できる感じがして、何か頭良くなったかも??(笑)

  • 個人的には、授業内容とかよりも、この自然溢れるキャンバスをぜひぜひ見て欲しい♪自然好きならたまらないと思うよ~。意外と家が都会にあるから、キャンパスに来るとのんびりとした気持ちになれて、この学校の自慢!近くに他の大学もたくさんあって、友達通じて交流とかも結構あるよ。

  • インターンシップの経験がとても役に立ちました。今までアルバイトすらしたことがなかった自分としては、実際に働いてみて出来ないことだらけで、社会に出るってこういうことなんだ、って身に染みてわかりました。もっと勉強して、社会で活躍できる人になりたいって気合も入れなおせました。

  • 新宿は高校生のときでもよく行っていて、新宿から電車で簡単にいけるからっている立地だけで決めたようなもの。だけど、今なら胸張って、授業が最高に面白い!っていえるかな。高校も通学が楽なところっていう基準で選んで満足してるし、学校選びをするときに通学が楽かどうか、基準にして選ぶのもアリだよ♪

  • 高校の同級生と大学の話をしてたんだけど、就職先が決まらない!ってかなり焦ってたなぁ。東京経済大学ではキャリア支援講座があったから、就職に有利な資格もとれて就職先も決まったし、それが大学ならどこでも当たり前だと思ってたけど、意外と違うみたいで逆に驚いた。恵まれてる環境で過ごせていたことに感謝だね。

  • 大学で知り合った友達が結構留学を希望してて、それにのっかって自分も留学を経験しちゃいました。日本とはやっぱりすごい違いで、刺激でした。海外旅行とは訳が違って、勉強をしにいくとなるとやっぱり感じ方も違うと思う。こんなの大学のときしかできないだろうから、今では行ってよかったなぁって思ってます。

東京経済大学情報の詳細

所在地 国分寺キャンパス 〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
武蔵村山キャンパス 〒208-0011 東京都武蔵村山市学園5-22-1
就職率 72%(2012年)
学費 1,146,800円(経済学部、経営学科の場合 ※2013年当時)
留学生数 86人(2012年)

東京経済大学の学費

東京経済大学は、大学が数多くある多摩方面、国分寺にキャンパスがあります。また、武蔵村山キャンパスはクラブ活動や課外活動において充実の施設が用意されています。今回は、4学部ある中の経済学部と経営学部の学費についてご紹介します。奨学金についても調査しており、特に奨学金制度が充実しているという特徴もあります。

東京経済大学の学費を詳しく見る

東京経済大学に関してのまとめ

国分寺キャンパスと武蔵村山キャンパスがありますが、授業が行われるのはほとんどが国分寺キャンパスとなっています。学部は4つで小規模ながらも、経済に関しては幅広く、そして深く学べると人気があります。将来に役立つ授業内容や、少人数での教育を徹底しておこなっており、生徒全員が満足のできる大学ではないでしょうか。もちろん就職をサポートする体制も万全なので、その後の将来へ大きく役立ってくれる学生生活が送れるでしょう。

東京経済大学オープンキャンパス

日程 : 7/31(日)8/1(月)8/27(土)8/28(日)予約不要 入退場自由
10:00〜15:00(受付9:30〜14:30)
  • 総合ガイダンスまずは東経大の概要をチェック!
  • 学部説明会4学部の特徴をご説明します。
  • 体験授業一足先に大学の授業を体験。
  • 個別相談先生や在学生に直接質問できます。
  • 女子カフェ女子生徒限定。女子学生とのフリートークができます。
  • キャンパスツアー在学生がキャンパスをご案内します。
  • 入試ガイダンス多彩な入試制度をご紹介します。
  • 学食体験当日限定メニューや人気メニューを用意
  • 保護者のための就職ガイダンス保護者向けの就活講座や、東経大の就職支援などをご説明します。
  • 留学関連相談留学についての疑問を担当の職員がお答えします。
  • 資料配布コーナー入試・学び・学生生活に関する各種資料などを配布。
  • ゼミ・クラブ活動紹介ゼミやクラブによる展示や実演を行います。

東京経済大学の評判、情報をもっと知りたい!はこちらへ

東京経済大学公式サイト http://www.tku.ac.jp/