高崎経済大学を知ろう!特徴・評判・学校情報のまとめ

高崎経済大学のキャンパス

高崎経済大学は、群馬県高崎市にキャンパスを構える経済大学です。昭和32年に設立をされてから、平成23年には公立大学法人となりました。経済学部以外には、地域政策学部という学部も作られています。 地域特有の問題に対してもとても熱心に取り組み、日本全体の経済をもっと活性化させることのできる人間を育てる、そんな役割を果たしています。高崎経済大学はの特徴として、地域に目を向けた経済学については、評判もよく注目をするべきところではないでしょうか。さらに詳しく見ていきましょう。

高崎経済大学の特徴

地域に目を向けている
高崎経済大学は日本国内でも、経済が発展していて、とても賑わっているところもあれば、過疎化が進んだりしてどんどんと元気をなくしてしまっているところもあります。その格差はかなり開いており、そうなってくると皆が賑わっているところへ出てきてしまうので、さらに過疎化などは進んでしまいます。そんな問題に目を向けて地域の活性化に向けての勉強も取り入れています。高崎経済大学だからこそできるという授業はとても評判もいいです。
高崎経済大学キャリア支援センター
将来どんな風になっていきたいのか、自分が進むべき道はどこなのか、時には迷うこともあるでしょう。そんなときに相談できるのがキャリア支援センターです。進路に関しての全般を引き受けており、就職に関してはキャリア支援センターに相談をすれば安心です。
国際交流にも積極的
経済学を学ぶ上で、海外はどのようになっているのかを知ることも大事です。もちろん語学力もつける必要があるでしょう。世界で活躍できる人になるために、学生時代に海外に留学をしたりといった交流も、高崎経済大学なら可能です。

高崎経済大学の就職状況

群馬県にある経済大学、地域政策学部がある大学として評判があります。卒業後の就職はどんな方向に進んでいるのかをきちんと知ってから、入学するかどうか決める方がいいでしょう。経済学部とともに、地域政策学部という学部があることが高崎経済大学の特徴です。日本全体を盛り上げるためにも、地方の力は大切ですから、地域政策学部があるのです。だからこそ、この大学より羽ばたく卒業生には期待したいところですね。

高崎経済大学の就職状況を詳しく見る

高崎経済大学受験生や在校生からの評判

※実際の学校内容や満足度は口コミよりもさらに良い可能性があります。あくまで参考程度にとどめ、実際にオープンキャンパスなどに足を運んで自分の目で確認してみてください。

  • 交換留学の制度をつかってアメリカへ勉強しにいきましたよ。今まで日本から出たことなかったのに、いきなりアメリカって結構勇気がいるものだったけど、日本ではできない経験もたくさんできたし、今では行ってよかったって思える。学生時代にしかなかなかできないでしょ?最終的にはアメリカに住んでやる!とまで思えたぐらい、楽しかったなぁ。

  • 学部目当ての入学!地域政策学部っていう学部だったんだけど、評判もよかったし、地域に目を向けてる感じが自分としては学んでみたいって思えた。日本がもっともっと元気になるために、絶対地域の力も欠かせないと思う!自分が地域に役立てる人間の一人になれるように勉強してます。

  • 大学生になってアルバイトを始めたくて、学校でアルバイトの紹介をしてもらった。家庭教師のアルバイトだったんだけど、学校の紹介なら安心だし、人に教えるってなんか新鮮だったなぁ♪自分でも人の役に立てるんだって思えて、自然と自分に自信がついた。

  • 卒業生がどんな就職先に就職しているかって知りたいところだけど、やっぱちゃんと発表している学校がよかったから、ココに決めた!その中に既に自分が狙ってる企業もあったし、頑張って入りたい企業に入る、それが私の大学生活の目標!

  • 進路で悩んだときにお世話になってるキャリア支援センター。相談もしやすい雰囲気で、色々なこと相談しちゃった。内定ももらえて、無事に卒業もできそうで、大学生活をハッピーに終えられそうです。キャリア支援センターがあってよかった♪

  • 実家からどうしても通いたくて、通える範囲内で探した大学。一人暮らしできる自信もないし、親元から離れられないダメ娘かも・・・。でも親としても家にいてくれるのは嬉しかったみたいだよ。立地で決めるなんてって思われるかもしれないけど、ちゃんと評判もしっかり確認してから決めた。勉強が楽しいって思ったの、大学に入ってからだもん。評判どおりで安心してます。

  • 観光政策学科っていう、観光をテーマにして学ぶ学科に通学中。地域の経済を活性化させるためにはどうするんだ~みたいな感じっていうとわかりやすいかな。自分の出身地も田舎だから、将来的には出身地も含めて、地方が活性化していけるように役立てたらいいな。

  • キャンパスが落ち着いてて居心地がいいのが自慢。勉強しやすいし、大きすぎず小さすぎず。ほどよい大学生活が送れてるよ。

  • 親から進められたのが高崎経済大学でした。評判などはどうなんだろうと調べて、自分には合っていそうと思い入学。自分が興味ある分野が学べて、確かに勉強が好きになれたので、入ってよかったです!

  • 大学なんて、どこいっても一緒っていうのが高校時代の想像。でもオープンキャンパスにいくたびに結構違いがあって、大学って選び方で人生変わるのかもって真剣に考え始めて。地域のためになる勉強をしたいと思い始めて、最終的に決めたのがこの大学。大きな大学じゃないけど、自分らしく生活できてる。

高崎経済大学情報の詳細

所在地 〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町1300番地
就職率 非公開
学費 819,800円(ただし、※本人や、配偶者、1親等の親族が1年以上高崎市に住所を有していれば678,800円 (2017年)
留学生数 非公開

高崎経済大学に関してのまとめ

高崎市に位置しているのですが、近頃は地域政策学部を創立して人気を集めています。確かに考えてみると、日本でも栄えているところは栄えていますが、いわゆる田舎と呼ばれるほうは活気がなくなっていく一方に感じます。 それを何とかする卒業生を輩出してくれると、高崎経済大学の評価はもっと上がっていく事と思います。

高崎経済大学の学費

高崎経済大学は、群馬県に位置する小規模な大学です。小さなキャンパスだからこそ、他の経済大学と比べると学費の面では抑えられており、費用としてもそれほど高くないので、通いやすい大学ではないでしょうか。もちろんだからといって何かが劣るかといえばそういうわけではなく、それぞれの大学にはそれぞれの雰囲気や魅力というものがありますから、ひとつの参考に費用の問題も考えてくださいね。経済学部の費用をご紹介しますが、市外と市内の入学者でかわってくるので、今回は広い範囲の学生向けとなっている、市外から入学する際の費用について調査しています。

高崎経済大学の学費を詳しく見る

高崎経済大学オープンキャンパス

日程 :2016年 7/17(日) 8/7(日)
10時00分から15時30分 (受付開始9時30分)
  • 大学説明会大学の教育方針、各学部の特色、就職状況、入試情報、大学生活などを紹介します。
  • 模擬授業経済学部、地域政策学部の講義を体験していただけます。高経大でどんなことが学べるのか、実際に体験してください。
  • 保護者のための進学説明会 学費や奨学金、就職状況、学生の生活環境など、保護者の方にとって気になるポイントについて紹介します。保護者以外の方の参加も大歓迎です。
  • ゼミ展示ゼミナールってどんなことするの?高経大で実践している各ゼミナールのざまざまな活動内容をパネルなどで紹介します。
  • 個別相談 受験のための情報や進学指導などを、大学の教員や在学生に相談することができます。高経大の過去の入試問題も配布します。(なくなり次第終了となります。)
  • キャンパスツアー・各種催しキャンパスでは、応援団エール、キャンパスツアー、音楽サークルの演奏など、学生が中心となってさまざまな催しを行います。
  • 学食体験高経大生に人気の安くておいしい学食が体験できます。オープンキャンパス参加者には割引券を配布します。

高崎経済大学の評判、情報をもっと知りたい!はこちらへ

公式サイト http://www.tcue.ac.jp/