大学選びは学費も大事!高崎経済大学の学費を知る

高崎経済大学の学費

高崎経済大学は、群馬県に位置する小規模な大学です。小さなキャンパスだからこそ、他の経済大学と比べると学費の面では抑えられており、費用としてもそれほど高くないので、通いやすい大学ではないでしょうか。もちろんだからといって何かが劣るかといえばそういうわけではなく、それぞれの大学にはそれぞれの雰囲気や魅力というものがありますから、ひとつの参考に費用の問題も考えてくださいね。
経済学部の費用をご紹介しますが、市外と市内の入学者でかわってくるので、今回は広い範囲の学生向けとなっている、市外から入学する際の費用について調査しています。

高崎経済大学の学費詳細(2017年)

高崎経済大学の学費を紹介します。もちろん、授業内容もしっかり充実していて満足度も高いようです。授業料をあまり気にせず、恵まれた環境で学業を修めることができそうですね。

入学金
282,000円
※入学年4月1日本人自身、その者の配偶者、又は1親等の親族が引き続き1年以上高崎市に住所を有するもの場合は141,000円
初年度納入金
授業料 520,800円
検定料 17,000円
入学金・前期・後期合計額
819,800円

高崎経済大学の奨学金制度について

高崎経済大学では、大学独自の奨学金が複数用意されています。経済的に問題がある学生へのサポートから成績優秀者への激励まで、さまざまな目的の奨学金がありますので、個人個人の事情に最も適した奨学金を選んで活用しましょう。

同窓会奨学金
家計を支える人物が働けなくなった、天災によって学費の用意が困難となったといった人に対して給付されます。1度限りではありますが、30万円の給付が受けられることとなっています。給付なのでそのまま受け取れるもので、返還する必要はありません。
高崎経済大学では、大学独自の奨学金が複数用意されています。経済的に問題がある学生へのサポートから成績優秀者への激励まで、さまざまな目的の奨学金がありますので、個人個人の事情に最も適した奨学金を選んで活用しましょう。
日本学生支援機構
多くの大学で貸付をして利用している学生が多いものです。月額いくらにするかを選び、さらに第一種と第二種で、無利息のものか、卒業後は利息が発生するものかも分かれています。これに関しては、学力や家計の所得などの細かな審査があります。また、さらに緊急で家計が悪化した場合などにも対応できるようになっています。こちらは貸付なので、その後の返還が必要です。
授業料減免制度
条件や審査などがありますが、当てはまる場合は授業料減免してもらう制度があります。前期と後期で分かれており、在学生も申請できるものとなっています。天災や、家計の悪化などが条件です。
また、こちらの制度であれば、同窓会奨学金と違って「特別なことがあったわけではなく以前からずっと経済的に貧しい」という場合にも利用することができます。経済的な部分だけが問題で大学進学を悩んでいるのであれば、このような減免制度を積極的に利用したいものです。
奨学奨励費
全国大会への出場が決定したり、研究活動や課外活動で優秀な成績を収めた人に対して給付をされるものです。より一層上を目指してもらうための支援金となっています。
確かな実績を残していれば個人・団体を問いませんし、学生生活を送るにあたって有益であると判断されれば、その活動のジャンルも問われません。たとえば2015年度には全部で15組に給付されましたが、弓道部や水泳部といったスポーツから、弁論大会への出場や学会への参加といった活動まで、幅広い学生が給付対象となっています。
同窓会三扇賞
同窓会三扇賞は高崎経済大学同窓会から送られる賞で、スポーツ・文化・学術などで特に素晴らしい功績を残した学生が対象となります。ここ数年は、毎年5〜10程度の個人・団体に送られる傾向にあります。はっきりと基準が示されているわけではありませんが、スポーツであれば入賞以上、文化活動であれば優秀賞以上が目安のようです。