大学選びは学費も大事!千葉経済大学の学費を知る

千葉経済大学の学費

千葉経済大学は、千葉県千葉市に位置しています。少人数教育を取り入れたり、1年のときから卒業後の就職を考えられるような教育になっていたりと、特色のある大学でもあります。特待生制度なども取り入れていますので、頑張ればその分しっかりと評価もしてくれるようになっています。学費の面でも特色のある学校です。

千葉経済大学の学費詳細(2013年当時)

千葉経済大学の初年度分の学費をご紹介します。詳しく記載されていますので、何にいくら使われているのかといった点が明確になり、学費の支払いにおいても安心できます。用途がわかるかわからないかでは安心が大きく違いますね。経営学科と経済学科の費用を調査しています。

入学金
200,000円
前期
授業料 335,000円
施設設備費 25,000円
教育充実費 95,000円
電子計算機等維持費 5,000円
保険衛生費 18,000円
冷暖房費 11,000円
父母の会会費 11,000円
学友会会費 10,000円
719,000円
後期
授業料 335,000円
施設設備費 25,000円
教育充実費 95,000円
455,000円
入学金・前期・後期合計額
1,174,000円
特待生制度について
特待生Ⅰ
推薦入試で受験をし、高校の成績や面接時の評価が高い場合には、入学年度の授業料が全額免除となります。
特待生Ⅱ
一般入試で受験をし、成績が優秀だった場合には、入学年度の授業料を全額、もしくは半額を免除となります。
在学生の特待生
前年度の成績上位者は、授業料が免除となります。学科ごとの6名ほどの選考となりますので、常に成績上位ということであれば、4年間の授業料が免除されることもあります。

特待生Ⅰにて特待生になれなかった場合でも、その後検定料なしで一般入試に再チャレンジできます。その際に成績優秀者と認められれば、特待生Ⅱとして、授業料の免除を受けることができるようになっています。

千葉経済大学の奨学金制度について(2013年当時)

奨学金制度は、勉強をしたいけど学費の支払い面で入学が難しいと感じている人でも、大学で学ぶことができるように給付や貸付を行うものです。利用者も多く、これによって学びたいという気持ちを我慢せずに大学へ入学できるという、なくてはならないものです。千葉経済大学の奨学金について見ていきましょう。

千葉経済学園奨学金
経済状態が困難でも、勉強をしたいと意欲のある人に対して無利息で貸付をする奨学金です。最大750,000円までとしており、金額は選べるようになっています。
日本学生支援機構
これは大学の奨学金としては定番ともいえます。月々の貸付が主で、無利息のものと利息がかかるものと分けられていますので、自分自身で選んで貸付をしてもらいます。もちろん学力の審査などもありますし、自宅から通っているのか、自宅外からなのかといった細かな情報を元に、どこに分類されるのかが決まるのです。4月に受付をするのが普通ですが、突然の経済的な困難が襲ってきた場合でも、学生が安心して勉強に励めるように緊急でも受付が可能です。
地方自治体、民間団体の奨学金
それぞれ色々なところからの奨学金があります。出身地や、在学地などによってあるので、調べてみましょう。それぞれ条件が決まっているので、自分が当てはまるかどうかも調べてくださいね。