大学別!国際交流について

国際交流

国際交流ができるかできないか、それである程度大学を絞っている人もいるかもしれません。確かに将来を見据えたときに、交流しておけるかそうでないかでは、スタートラインも変わるのではないかと思います。今までにない刺激を受けることで、自分自身の考え方が変化することもありますし、新たな刺激を経験して、新たな夢が芽生えるかもしれません。何にせよ、経験したことがないものを経験することは、若ければ若い方が吸収もしやすいでしょう。だからこそ、学生生活で国際的な交流ができることがいいのではないでしょうか。

日本経済大学

日本経済大学のROSE留学制度

日本経済大学が受け入れている留学生の数は3135人(※2013年当時)。留学も盛んなので、多くの学生が日本から出て海外での語学研修などに参加しています。海外での経験はやはりとても貴重なものですから、このように盛んに行われていると参加もしやすいのではないでしょうか。経済大学の中で最も国際交流が盛んで国際色が強い学校です。

日本にいながら国際交流!留学生の多い日本経済大学日本経済大学キャリアサポートはこちら

日本経済大学の留学制度を詳しく見る

東京経済大学

留学生に対してのフォローを学生がする、チャーター制度を用いて、学内で積極的に異文化交流ができる環境を作り上げています。国際交流のきっかけにもなります。また、留学に関しても研修などで短期間の海外滞在から始まります。審査によっては1年間は休学をせずに海外の学校で得た単位を適用できるという仕組みにもなっています。やはり1年間の留学となると、1年間の休学となってしまうのは痛手で、だったら辞めておこう…としてしまっていた人でも、参加できますよ。単位をそのまま使えるというのはいいですね。

刺激になる!東京経済大学の留学生とは?刺激になる!東京経済大学の留学生とは?

大阪経済大学

留学生の数は非公開となっていますが、留学生入試なども行っていますし、サポーターやチューターの制度などもありますので、積極的に受け入れをしています。学校で現地の文化や言語に触れることができますし、お互いにとってのいい機会になるのではないでしょうか。また、日本人の学生が海外で学ぶ機会もたくさん設けてくれているので、有意義な学生生活が送れるでしょう。学生のうちにしか経験できないものでもありますので、積極的に参加して、もっともっと視野を広げていけるといいでしょう。その手助けをしてくれる学校です。

留学制度は自分自身を変える?大阪経済大学で得られるもの留学制度は自分自身を変える?大阪経済大学で得られるもの

ご紹介している大学の中から、3つの学校を国際交流が盛んとして、ここで紹介しました。これからの社会で活躍するためには、国際的な知識や言語も身につけておくほうが有利に働いてくれるのです。だからこそ、学生のうちに海外での経験や、留学生と接する機会を設けて、国際交流である程度対応できる自分になっておく、ということも大切ではないでしょうか。

オックスフォード大学で人生を変える経験を!