就職状況について知っておこう、流通経済大学の評判

流通経済大学の就職支援

龍ヶ崎キャンパスと、新松戸キャンパスがある流通経済大学。就職率が高いと有名でもあります。進学者にとっては嬉しい数字ではありますが、どうして高いのか?気になるところでもありますね。やはりそれだけサポートが手厚く、生徒のやる気を奮い立たせるようにしっかりと組み立てられた支援が行われているのでしょう。

流通経済大学の実績

就職率:98%(2015年度当時)

とにかく圧倒的な数字です。

この数値は経済学部の数値ですが、スポーツ科学学部は2012年度から2014年度にかけ100%というのですから、とにかく就職に力をいれているのがわかりますね。将来に関して、やはり卒業生が進路を決められていないと聞くとどうしても不安になりますが、これだけの人が進路を決めることができたのだと思うと心強くもなるでしょう。その分サポートはかなり手厚くなっています。

卒業生の活躍

  • 市野厚史さん:ヤマトホームコンビニエンス社長
  • 堀内淳弘さん:シジシージャパングループ代表
  • 赤沢隆彦さん:中央運輸社長
  • 片岡和民さん:ANA総合研究所理事

上記以外にもたくさんの有名な卒業生を輩出しています。税理士経営コンサルタントといったフリーで活躍をする職業に就いている方もたくさんいますので、将来の目標にもなるのではないでしょうか。やはり同じ大学を出身というだけで尊敬する部分もあるでしょうし、そうなれるように目指して頑張りたいという気持ちも自然と沸いて来るでしょう。

実際の就職支援について

課外講座
将来の仕事に有利になる資格について、課外講座として講座を開いています。 学生時代に資格取得をしておくと、その後の進路で選べる職種の幅も広がります。 このような取り組みがあるからこそ、97.4%という数字にも繋がるのではないでしょうか。
4年間の支援
進路を決める時期だから支援をする、というわけではありません。 1・2年生の時からの支援もあります。すでに1年生から準備講座を開催することで、まだ先だと思いがちな将来を、身近に感じさせるように取リ組んでいるのです。 入学した年から、生徒が自分自身で卒業後のことを考えられるように支援を行っています。
就職活動eコーチ
流通経済大学が発信するもので、求人の情報を配信したり、企業情報を検索できます。OBやOGの活動報告書なども閲覧できるので、実際にどのような方法で就活を進めるといいのかなどといった参考になるでしょう。最近は自宅のインターネットからでも閲覧できるようになっているので、とても便利です。メールでの配信もあって、こまめにチェックすることで、学生自身の将来に対する意識を高めます。

まとめ

流通経済大学の一番惹かれるポイントは、やはりその97.4%という数字でしょう。その数字がある程度学校によるサポート内容の充実差を表しますので、とにかく就職や、学業をしっかりと修めるために大学に行きたいと思っている人にはオススメできる大学です。学生時代に色々なことを経験し、社会に出たときに活躍できる人になれるよう、学校側が教育をしてくれます。大学というとある程度自主性を重んじているところでもありますが、流通経済大学はサポートには徹底的に力を注いで、学生のやる気を引っ張り出すことができるように工夫されているのではないでしょうか。