就職状況について知っておこう、千葉経済大学の評判

千葉経済大学の就職相談コーナー

2学科の非常にシンプルな構成となっているのが、千葉経済大学です。実際に大学に通う生徒数も少ないので、大学とはいえかなりアットホームな感じが漂う大学となっています。大きな大学じゃないと不安と思うかもしれませんが、小さな大学だからこそ、安心して学べるというメリットもあります。生徒一人ずつにしっかりと目が届く範囲内になっているので、就職についても何かあれば大学側がしっかりサポートをしてくれるでしょう。

千葉経済大学の実績

就職率:97.8%(2015年当時)

少人数なので、将来について一人ずつの状態を把握し、一番最善な方法を見つけてくれるのが千葉経済大学の特徴でもあります。自ら動き出さないと相手にされない・・・なんていうことが大きい大学だとありがちなのですが、顔と名前を教員が把握して、全面的なバックアップをしてくれるところは安心といえるでしょう。就職先としては、ミサワホーム北日本、イトーヨーカ堂、ハウスコム、千葉市消防局、千葉県警察本部などが挙げられます。

卒業生の活躍

現在著名な卒業生の情報としてはありませんが、公務員一般企業に広く就職を決めて、働いています。職種もかなり幅広いので、卒業生が在校生に道を広げていってくれている、という感覚でしょうか。小さな大学ですから、卒業生も毎年それほど多くありませんが、それでも多くの企業で千葉経済大学の卒業生が頑張っています。これから有名となる卒業生は増えていくことと思います。

実際の就職支援について

少人数教育
在学中の授業に関してもいえることなのですが、進路サポートでも少人数教育はとても効果があります。一人ずつの顔と名前をしっかり把握してくれるので、先生やキャリアセンターからのサポートを存分に受けられる環境です。一人ずつにしっかりと目が行き届くからこそ、何かあればすぐに対応してくれますし、細かなサポートが実現しているのです。
資格取得
進路支援講座では、個別指導で資格取得をサポートしてくれます。一人で勉強をしていると、途中で挫折したくなることってありませんか?そんな人にはとても心強い味方となってくれるでしょう。また、1年生の段階から将来をしっかりと意識するように、キャリア支援科目というものがあります。自分の将来の選択肢が大きく広がるように、大学側から働きかけてくれるのです。
相談コーナー
キャリアセンターに設けている相談コーナーでは、個別での相談会を実施しています。いつでも受け付けてくれるので、何か不安なことがあったり、将来のことで迷っていることなどがあれば相談しにいけるという気軽さこそが生徒たちの安心感にもつながります。

まとめ

とにかく少人数教育に重点を置いているので、学びやすさとしては一番ではないでしょうか。いかにも大学という雰囲気が苦手な人でも、千葉経済大学ならそれほど抵抗もないですし、勉強にしっかりと打ち込める環境が出来ているでしょう。将来に向けてのサポート体制も、少人数だからこそ出来る方法を用いているので、しっかり生徒一人ずつに寄り添ってくれます。