各経済大学の就職率を紹介!

就職率がいいということは、大学としてとてもいいことです。しっかりと学んで、それを実際に仕事として活かせている人が多いということでもありますね。だからこそ、数字として見られるランキングとして比較をすると、その学校の良さがわかるようになっているのです。

  • 流通経済大学の就職データは?
    流通経済大学
    就職率:98% (2015年当時)

    この中ではダントツの就職率ですね。科によっては100%という就職率になっているのには驚きです。卒業する人全員ということです。とにかくサポート体制が整っているので、就活をはじめ、学校側からのバックアップがあって助かります。既に1年生のころから進路についての支援は始まるので、早い段階で将来に対して考え始め、卒業後を目標に勉強をするという感覚を身につけることができるでしょう。

    流通経済大学の就職状況

  • 日本経済大学の就職データは?
    日本経済大学
    就職率:98.5%(2015年当時)

    安定した就職率を保っており、年度ごとに少しずつ上がっていてもいます。これからもっともっと増える期待をしてもいいでしょう。キャリア支援講座などで将来役にたつ資格を取得するためにサポートをしており、卒業後すぐに必要とされる人材を目指せます。国際交流が盛んなのもグローバル化する社会に対応できる人になるために行うべき、大切なことの一つでもあります。

    日本経済大学の就職状況

    日本経済大学の就職状況を詳しく見る

    大阪経済大学の就職データは?
    大阪経済大学
    就職率:88.2% (2014年当時)

    88.2%という就職率なので、まずまずといったところではないでしょうか。クラスアドバイザーという担当の教員がつくのが特徴です。相談事があるときには誰に相談しよう・・・と迷うことなく、担当教員に声をかければいいので、相談もしやすい環境づくりがされています。もちろん、そこから悩みの内容によってはより詳しく相談できる人へ繋いでくれます。卒業生に実業家も多いので、自分の努力次第では大きな夢でも叶うという励みにもなりますね。

    大阪経済大学の就職状況

  • 東京経済大学 就職率:81%(2015年当時)

    卒業生を見てみると、色々なジャンルで幅広く活躍しており、将来が大きく開ける大学でもあります。葵友会というものがあるのが特徴で、卒業生で構成されている葵友会は、在学生を強力にサポートします。出身者で、実際に社会で活躍する人だからこそ、参考になる話も聞けます。卒業生のサポートが非常に心強く、就職を考える中でも大きな存在となってくれるでしょう。

    東京経済大学の就職状況

  • 千葉経済大学 就職率: 97.8%(2015年当時)

    小さなキャンパスで、教員の目が学生に行き届いていますので、就職のことや将来のことで躓きそうになったときには、しっかりとサポートをしてくれる体制が整っています。学生側としても、教員との距離感が近いので、ちょっと困ったことがあるぐらいの段階で気軽に相談しやすくなります。その結果、問題も深刻になる前に解決させることができるでしょう。しっかりとした就職率も出ているようですので、良い大学だと思います。気になる方はぜひオープンキャンパスなどに行ってみましょう。

    千葉経済大学の就職状況

  • 高崎経済大学 就職率:97.0%(2016年当時)

    平成26年度の就職者数は818名となっており、群馬県にある大学なので、地元群馬県に対しての就職率がとても高いですね。また、地域政策学部があるだけあって、地方を盛り上げようという気持ちで地方へ出向いて仕事を始める人も多いようです。地元群馬への就職では安定した実績を誇る経済大学です。

    高崎経済大学の就職状況