総合ランキング~No.1経済大学は?

就職氷河期の現在。ビジネスマンとしての素養が身に付き、就職に有利な大学として、今、経済大学が評判を集めていますが、ひとくちに経済大といってもその数は膨大。そこで、全国の経済大の中から、就職率が高く、なおかつ学費が安くて評判な、いわば投資(学費)に見合う利益(就職)が得られる有望校を一部だけですが、独自の基準で集めてみました。時代をリードするビジネスマンにとって必須の、語学力が身につく環境か否かを判定するため、国際交流の盛んさも要素に加えましたので、ぜひ参考にしてください。もちろん、大学は、ここで紹介する以外にもたくさんあります。やはり、ネームバリューがある大学のほうが良い、また就職につながりやすい、という評判もありますので、自分でオープンキャンパスに行くなどして慎重に進路を決定してください。

  • 日本経済大学の評判
    check !!
    評判の日本経済大学
    就職率 98.5%(2015年当時) (1位)
    学費 985,000円(2016年当時)(東京渋谷キャンパス1,140,000円)(2位)
    国際交流
    (留学生数)
    3,035人(2016年当時)
    日本経済大学は、九州の福岡、関東の渋谷、関西の神戸三宮にキャンバスを持つ学校です。名前のとおり、各地にキャンバスを持つ、日本の経済大学と呼べるのではないでしょうか。学費も、就職率に関しても魅力を感じる人もいるのではないでしょうか。また、国際交流も盛んで留学生も多く、いろいろな経験ができそうと評判です。
    日本経済大学の報告レポートを見る
  • 流通経済大学の評判
    check !!
    評判の流通経済大学
    就職率 98%(2015年当時) (2位)
    学費 1,357,500円(2016年当時) (6位)
    国際交流
    (留学生数)
    95人(2017年度留学生募集)
    流通経済大学は、千葉県の松戸市にある新松戸キャンパスと、茨城県龍ヶ崎市にある、龍ヶ崎キャンパスがあります。経済学部以外にも、スポーツ健康科学部や法学部、そして流通情報学部などもあることで評判です。多彩な学部の中で、様々な目標を持った学生たちが学んでいる大学です。この就職氷河期に97.4%という超高水準の就職率を実現している点は、評価に値すると言えるでしょう。
  • 東京経済大学の評判
    check !!
    評判の東京経済大学
    就職率 81%(2015年当時) (6位)
    学費 1,196,800円(2016年当時) (3位)
    国際交流
    (留学生数)
    20人(2017年度募集人員)
    全体的なバランスが良く、他大学と単位互換制度を持つなど、学習環境の整備では定評があると評判な大学です。多くの生徒がいる中では、なかなか学びも進まないという声も聞きます。少人数であればあるほど、一人ずつが学ばないといけないという使命感も生まれるのではないでしょうか。東京経済大学では少人数クラスを導入していますので、すぐに大学の授業にも馴染めますし、勉強もより一層はかどります。少人数制で行う大学は評判もいいですよ。
  • 大阪経済大学
    check !!
    評判の日本経済大学
    就職率 88.2%(2014年当時) (5位)
    学費 1,173,000円(2016年当時) (3位)
    国際交流
    (留学生数)
    非公開
    高校と大学では制度の違いがかなり発生します。大学では2期制、そして単位制度となり、自分で好きな授業を選んで時間割を組み立てることになります。環境の違いにもみんなが付いてこれるように、入学直後からサポートが始まります。まずはレポートの書き方やパソコンの使い方、新入生に向けたキャンプなどが行われ、早く大阪経済大学の一員としての自覚を持てるようなサポート体制が整っています。
  • 高崎経済大学の評判
    check !!
    評判の高崎経済大学
    就職率 97.0%(2016年当時) (4位)
    学費 819,800円(1年以上高崎市に住所を有する者に適用する。)678,800円 (2016年当時) (1位)
    国際交流
    (留学生数)
    非公開
    日本国内でも、経済が発展していて、とても賑わっているところもあれば、過疎化が進んだりしてどんどんと元気をなくしてしまっているところもあります。その格差はかなり開いており、そうなってくると皆が賑わっているところへ出てきてしまうので、さらに過疎化などは進んでしまいます。そんな問題に目を向けて地域の活性化に向けての勉強も取り入れています。高崎経済大学だからこそできるという授業はとても評判もいいです。
  • 千葉経済大学の評判
    check !!
    評判の千葉経済大学
    就職率 97.8%(2015年当時) (3位)
    学費 1,174,000円(2016年当時) (5位)
    国際交流
    (留学生数)
    非公開
    人数が多ければ多いほど、先生が生徒一人に目を向けることはできにくくなります。だからこそ、少人数教育が求められます。大学のイメージは一人の先生に対して多くの生徒という構図がイメージにもあるかと思いますが、千葉経済大学は少人数教育で一人ずつにしっかりと指導が行き届くように配慮されています。

総合ランキング上位校の口コミ評判を見る

経済大学総合紹介~就職率編

大学生活をモラトリアムと呼んだ時代は、すでに過去のもの。大学を就職予備校と捉えるのは行き過ぎですが、少なくとも卒業後の進路を見据えて学校選びを行うのは常識です。大学側も、自校の評判を決定する重要なファクターであるという認識が浸透していますので、就職サポートには専門部署を設けて積極的に取り組んでいます。ここでは、そうした就職の問題に的を絞って紹介してみました。

  • 流通経済大学
    就職率: 98%
    (2015年当時)
    流通経済大学の就職率
    就職率の高さはどこの経済大学にも負けない!と自負しているそうです。ほとんどの学生が就職を勝ち取っています。就職サポートを徹底しているので、幅広い職種で卒業生も活躍できていると評判です。
    流通経済大学の就職データを見る
  • 日本経済大学
    就職率: 98.5%
    (2015年当時)
    日本経済大学の就職率
    日本経済大学の就職率は平成24年度で94.1%と高水準を保っているようです。高い数字は、それだけきちんと仕事につけている人が多いということです。日本経済大学は、キャリア支援講座を開設し、在学中の資格取得を支援する他、学生起業家の支援制度なども充実!
    日本経済大学の就職データを見る
  • 大阪経済大学
    就職率: 88.2%
    (2015年当時)
    大阪経済大学の就職率
    1年次で自己検証レポートを行い、将来設計に対する意識を高める学習システムを導入。早いうちから、就職への覚悟を芽生えさせることで、就業サポートをおこなっていると評判です。
    大阪経済大学の就職データを見る

就職率ランキング上位校の口コミ評判を見る

経済大学総合紹介~学費編

大学はお金がかかるもの。初年度学費は、公的財政支援がある国公立大学ですら90万円近くかかり、私大では130万円程度が平均レベル。ただ、こうした中でも、諸経費削減により国公立と同水準の学費を実現している私立大もあります。私大の場合、学生の就職状況が自校の評価に直結するため、就職支援に力を入れていることを考え合わせると、将来性という意味ではこちらの方がお得かも知れません。ここでは、そうした学費に焦点を絞り、各経済大学を紹介してみました。

  • 高崎経済大学
    学費: 819,800
    (ただし、本人や、配偶者、1親等の親族が1年以上高崎市に住所を有していれば、678,800円)
    高崎経済大学の学費
    勉強に不必要なものがない洗練されたキャンパスで、公立校レベルの学費を実現!平成27年度の就職者数は97.0%となっており、地元群馬への就職では安定した実績を誇る経済大学と評判です。経済学部の費用をご紹介しますが、市外と市内の入学者でかわってくるので、今回は広い範囲の学生向けとなっている、市外から入学する際の費用について調査しています。
    高崎経済大学の学費詳細を見る
  • 日本経済大学
    学費: 985,000
    (ただし、東京渋谷キャンパスは1,140,000円 2017年当時)
    日本経済大学の学費
    この学費でありながら、就職率は98.5%(2015年当時)の実績を誇る、実学・実践を旨とする経済大の雄。今回は、東京の渋谷キャンパスにある、経営学部・経営学科の学費についてみていきたいと思います。費用の面では、誰もが大学生活を存分に有意義なものにできるように、配慮してくれているとも言われています。渋谷キャンパスに通う場合は、学費も変わりますので注意が必要です。
    日本経済大学の学費詳細を見る
  • 東京経済大学
    学費: 1,196,800
    (2016年当時)
    東京経済大学の学費
    安定的な授業料で良心的な学費設定になっていると評判のようです。少人数制授業にも定評あり。自分の力を磨けば、就職先も掴むことができるでしょう。今回は、4学部ある中の経済学部と経営学部の学費についてご紹介します。奨学金についても調査しており、特に奨学金制度が充実しているという特徴もあります。
    東京経済大学の学費詳細を見る

学費紹介の評判を見る

PickUp!国際交流できる大学

日本だけじゃ得られない知識や経験もたくさんあるでしょう。だからこそ、国際交流が盛んな経済大学を選ぶ、そんな選択の方法もありですね。学生時代しかできないような経験、社会に出る前に一度してみるといいでしょう。海外で経験することは、その後の人生観を変えるともいわれています。いつまでも受けた刺激は心に残りますので、海外に興味があるという人は特に、国際交流が盛んな大学を選ぶといいのではないでしょうか。

  • 日本経済大学
    留学生数: 3,035
    (2016年当時)
    国際交流ができる日本経済大学
    多くの留学生を受け入れている日本経済大学。オックスフォード大学、ケンブリッジ大学への交換留学制度も魅力的。留学生がいる学校というのは、日本で学ぶ学生にも大きな影響を与えます。日本人の考え方と外国人の考え方では、もちろん違う部分はたくさんあるでしょう。世界ではそんな考えを持っている人もいる、と思うだけでも大きな成長だと思います。
    日本経済大学の国際交流について見る
  • 東京経済大学
    留学生数: 20
    (2016年当時)
    国際交流ができる東京経済大学
    日本にいるばかりでは、得られない知識はたくさんあります。日本の中での常識が世界でも常識であるとは限りません。学校内に留学生がいて、国際色が豊かなほうが成長できる、そのためにも東京経済大学では積極的に受け入れています。休学せずに留学ができる支援制度を取り入れているので、留学=留年扱いというハンデを背負い、社会に出るのが遅れることもありません。教員側の都合を抑えた、学生目線での配慮が光る大学と評判です。
    東京経済大学の国際交流について見る
  • 大阪経済大学
    留学生数: 58
    (2016年当時)
    国際交流ができる大阪経済大学
    アジア、欧州を含む世界15ヶ国、28大学と連携して海外留学を積極的にサポート。地元、大阪から世界に羽ばたく経済人を育成することを目指した志の高い経済大学と評判です。日本の学生が世界で学ぶチャンスを増やすという機会も増やしていかなくてはなりません。多くの大学と提携を組んでいるので、海外で勉強してみたいという学生の希望を叶えて、学生の将来をより明るいものへと変えてくれるのです。海外で勉強をしたいという人には、とても魅力的な大学なのではないでしょうか。
    大阪経済大学の国際交流について見る

国際交流できる学校の評判を見る

大事な大学選び、ポイントを抑えよう

大学を卒業後は、ほとんどの人が就職への道を望むと思います。そのため、就職活動などを何年もかけて行うことになりますね。だからこそ、就職に有利な大学かどうかは重視したい大学選びのポイントではないでしょうか。

就職に強い!

就職に強い大学

年度ごとに発表されるものですが、前年の卒業生がどれだけ就職を決めたかどうかといったものを示します。大学選びの一つの基準ともなるでしょう。自分が就職できるか否かは気になるところ。就職率が高い、ということは、もちろん就職活動を学生が頑張った結果でもあるのですが、その分学校側の就職に対するサポートもその数字でわかるでしょう。経済大学ということもあり、ビジネスに役立つ勉強を中心に行っていますので、4年間の大学生活で企業が求める人材へと成長できるのではないでしょうか。

気になる大学を見る

国際交流が盛ん!

国際交流が盛んな大学

大学に留学生が多いと、自然と話をしたりとコミュニケーションをとることが増えます。コミュニケーションをとろうと頑張ることで、語学力もつきます。また相手のことを理解しようとも思うでしょうから、今まで知らなかった知識をつけることもできるでしょう。もちろん、あくまで留学生の多寡は本業である学部の勉強や就職に直接結びつくものではないかもしれませんので、その部分だけで判断をしないようにしましょう。

気になる大学を見る

学費にも注目!

大学生

小規模な大学だったり、誰もが学べるようにと考えられている場合は、授業料が安く抑えられています。安い場合は、しっかりと学びたいと思えることが学べそうかはチェックしてくださいね。もし授業内容も充実していて学費が安いとなれば、進学先の候補としてのポイントアップで、一歩リードとなるのではないでしょうか。ただ、もちろんお金だけで全てを決めてしまうことは避けたいですね。学費が高いのは高いなりの理由があり、ネームバリューのある大学は多少高くてもやはり就職時などに有利に働くこともあるでしょう。

気になる大学を見る

スポーツが盛んな大学

スポーツが盛んな学校というのは実はたくさんあります。分野に限らず、もちろん経済大学の中にもあるのです。高校のときからやっていた部活をそのまま継続して行いたいと思った場合、できれば少しでも設備が整っていて、やりやすい環境を求めてしまうのも当然です。全てそれが基準となるわけではないでしょうが、ある程度学校を選ぶ上で重視するポイントにしてもいいと思います。

日本経済大学の野球部

国際交流が盛んな大学

大学を勉強の場としてだけではなく、スポーツをして、より充実した学生生活が送れるようにサポートをしています。日本経済大学では、ヨットやボウリングなどの運動部も盛んに行われています。西日本の中でもトップクラスの広い体育館やグラウンドがあるので、クラブ活動も本気で楽しめるのです。経済系だからスポーツはあまり盛んではないのでは…と思うかもしれませんが、きっと日本経済大学はその常識をくつがえしてくれるでしょう。しっかりと勉強もしながら、クラブ活動も充実させる、これが最高の学生生活ではないでしょうか。野球が盛んな大学。もちろん野球以外でプロのアスリートを多数輩出していますし、現在も野球以外のクラブ活動も盛んに行われています。設備も充実しており、学生がクラブ活動を行いやすい環境となっているので、のびのびと活動ができるでしょう。体育系の大学に行くと、スポーツ一本となってしまう可能性も高く、もし競技が出来なくなったら…といった不安もつきまとうといいます。その心配がないので、目一杯体を動かすことを楽しめるのではないでしょうか。

日本経済大学の野球部を見る

流通経済大学サッカー部

国際交流が盛んな大学

サッカー部が盛んな流通経済大学、出身者が多数Jリーグでも活躍をしています。実績はもちろん、輩出しているのもプロのサッカー選手なので、本当にサッカーが盛んだというのもわかりますね。ずっと子供の頃からサッカーを続けていたというのであれば、大学でもぜひ続けてください。継続できることがあるというのは、将来就職をするときにも、ポイントアップにつながりますよ。サッカー部に限らず、ラグビー部なども強豪チームとされている、流通経済大学。クラブ活動にも重点を置いています。サッカーは特に、社会人のチームなどもありますので、複数のチームでサッカー部を作り上げている形です。出身のJリーガーも多いことから、Jリーガーを輩出する名門としても名前が知られている大学です。 公式戦に対応できる充実したグラウンドが茨城の龍ヶ崎キャンパス内に設置されており、夜間照明も完備。また、フットボールフィールドと呼ばれる、クラブハウスつきのフィールドもあり、移動の専用バスなども用意されています。強豪校だけあって設備は整えられていますよ。サッカーを本気でやるなら、オススメです。

流通経済大学サッカー部を見る

全国6校の口コミ評判をチェック!